スポンサードリンク

2009年05月05日

便秘と腸内環境

便秘を解消するには、便意のかさを増やし柔らかくすることが大切です。

では、便って一体なにでできているのでしょうか?

正常な便は約80%が水分で、残りの約20%が固形物です。

そして、その固形物の半分は食べ物のカスで、もう半分が腸内細菌です。


では、その半分を占めている腸内細菌ってなんでしょうか?

実は便を育てているのは腸内細菌です。
人の腸内にはおよそ約1000種以上、約100兆個もの腸内細菌が存在し、そのバランスによって腸内環境を左右しています。

そしてその腸内細菌のうちの約20%が乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌で、約10%は大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌、残る70%はどちらにも属さない日和見菌となります。

この日和見菌は、善玉菌が優勢な時には善玉菌に、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌に加勢する菌です。

健康な人の腸内は、悪玉菌が増殖することを善玉菌が抑えることで、腸内のバランスを一定に保っています。
腸内で悪玉菌が増えると、タンパク質やアミノ酸などの分解が促進され、アンモニアなどの有害物質が発生します。

これにより腸の活動が低下し便が硬くなり、腸内を移動する時間も長くなってしまい、便秘が起こりやすくなります。

善玉菌を増やし腸内環境を健康的に保つことで、便秘になりにくい柔らかな便が作られていくわけです。

乳酸菌やビフィズス菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれます。

また味噌やしょうゆ、漬物などの発酵食品はビフィズス菌を増やしてくれる働きを持っています。

これらの食品も積極的に摂取し、腸内の善玉菌を増やすことで、身体の中から便秘解消の手助けをしましょう。

【関連する記事】
posted by 便秘 at 14:27 | TrackBack(0) | 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。