スポンサードリンク

2009年08月14日

便秘の解消法

今や日本人女性の40%を超える人が便秘で悩んでいるといわれています。
そんな女性の大敵とも言える便秘の解消法をご紹介します。


1.食事内容の改善
排便しやすい便をつくり、腸のぜんどう運動を活発にさせるために食事の内容を見直します。
食物繊維をたくさん摂る、十分な水分量を摂取する、ビフィズス菌を増やし腸内環境を整えるなど、いろいろあります。


2.適度な運動
便を押し出すための腹筋を鍛えましょう。
腹筋を鍛えることで、腸を刺激しぜんどう運動を活発にもさせてくれます。


3.ツボを刺激する
腸のぜんどう運動を刺激するツボがあります。
運動が苦手な方は、ぜひお試し下さい。


4.下剤(便秘薬)
自然なお通じのために色々頑張っているけど、どうしても排便されないという時の最終手段です。


5.浣腸
腸内で便が固まってしまって、肛門に栓をするように出口をふさいでしまった場合の非常手段として。


6.漢方薬
穏やかに作用し自然なお通じを促してくれます。


7.腸内洗浄
欧米では便秘の解消法として一般的になってきているといわれています。
病身で行う方法のほか、市販のキットを購入して自宅などで個人で行う方法もあります。


8.その他
簡単だからと、いきなり薬などに頼ることは避け、まずは食生活や生活習慣を改善し、適度な運動をすることで便秘を解消させましょう。
症状の悪化や、習慣化させることを防ぐためにも、下剤(便秘薬)や浣腸を使うのは最後の手段と考えましょう。

大切なのは、自分に合った無理のないようなものを行うことです。

【関連する記事】
posted by 便秘 at 20:19 | TrackBack(1) | 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

便秘と善玉菌

善玉菌・悪玉菌という言葉は多分一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。

そうです、腸内細菌の事です。

健康な人の腸内は、約20%の善玉菌と約10%の悪玉菌、そして残りの70%はどちらの性質でもない日和見菌となっていて、この日和見菌は、善玉菌が優勢の時は善玉菌に、悪玉菌が優勢となれば悪玉菌になるという性質を持っています。

これらの腸内細菌のバランスによって腸内環境も左右されているわけです。

では、便の成分の約10%はこの腸内細菌だということはご存知でしたか?

腸内細菌の善玉菌を増やすことで、便秘になりにくい柔らかな便が作られていきます。

また、善玉菌には腸のぜんどう運動そのものを活発にさせる働きもあります。

善玉菌の代表といえば、やはりビフィズス菌です。

ビフィズス菌は体内では作られませんので、食品などから摂りいれなくてはなりません。

ビフィズス菌を多く含む食品、例えばヨーグルトや乳酸菌飲料を積極的に食べましょう。

また、漬物や味噌・しょうゆなどの醗酵食品は体内のビフィズス菌を増やしてくれます。

ビフィズス菌のえさとなるオリゴ糖も、ビフィズス菌に栄養を与え増殖させる力があります。

オリゴ糖はそのままで甘味料としても売られていますが、大豆や玉ねぎ、ゴボウ、ニンニク、とうもろこし、バナナ、また、ハチミツなどの食品にも含まれています。

食事の最後には漬物を食べ、デザートとしてバナナを入れたりハチミツをかけたりしたヨーグルトをいただく。
それだけでも便秘の解消へ役立ちます。

posted by 便秘 at 14:40 | TrackBack(0) | 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便秘と腸内環境

便秘を解消するには、便意のかさを増やし柔らかくすることが大切です。

では、便って一体なにでできているのでしょうか?

正常な便は約80%が水分で、残りの約20%が固形物です。

そして、その固形物の半分は食べ物のカスで、もう半分が腸内細菌です。


では、その半分を占めている腸内細菌ってなんでしょうか?

実は便を育てているのは腸内細菌です。
人の腸内にはおよそ約1000種以上、約100兆個もの腸内細菌が存在し、そのバランスによって腸内環境を左右しています。

そしてその腸内細菌のうちの約20%が乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌で、約10%は大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌、残る70%はどちらにも属さない日和見菌となります。

この日和見菌は、善玉菌が優勢な時には善玉菌に、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌に加勢する菌です。

健康な人の腸内は、悪玉菌が増殖することを善玉菌が抑えることで、腸内のバランスを一定に保っています。
腸内で悪玉菌が増えると、タンパク質やアミノ酸などの分解が促進され、アンモニアなどの有害物質が発生します。

これにより腸の活動が低下し便が硬くなり、腸内を移動する時間も長くなってしまい、便秘が起こりやすくなります。

善玉菌を増やし腸内環境を健康的に保つことで、便秘になりにくい柔らかな便が作られていくわけです。

乳酸菌やビフィズス菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれます。

また味噌やしょうゆ、漬物などの発酵食品はビフィズス菌を増やしてくれる働きを持っています。

これらの食品も積極的に摂取し、腸内の善玉菌を増やすことで、身体の中から便秘解消の手助けをしましょう。

posted by 便秘 at 14:27 | TrackBack(0) | 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。